ひとりごと

さんぽ らくがき おさけ すきです

 

まだ半分ねむっているような

夢のなかみたいなそんなかんじ

いま何時なのか気になるけど

まだスマホをみることはしたくない

少しづつ覚醒していくあたまで

きのうの一日を思い返す

 

あのひとのすきな音楽が

遠くから聞こえる気がした

すこしの間、目を瞑ったまま

頭のなかでうたってみる

 

サビに向かう前のちょっとはやくなるところ

そう この部分がおきにいり

 

起きるときの 伸びがすき

どこまでもどこまでも

伸びていきそうな気がする感覚と

身体からぐぐぐぐぐぐって

音がしてそうな感じがしてすき

あときもちいいからすき

 

目をうっすら開けると

そこにあのひとがいて ねてる

すぐ近くにある顔に驚いていると

 

んんーっていいながら目を開けた

ねむそうに欠伸をしながら

驚いたままのあたしを見てわらって

おはようっていった

 

そして続けていった

 

「ほっぺたかわいい。

   きのう気が付いたんだけど

   ほくろがならんでて星座みたい」