読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

便利と不便のはなし

やすみの日に

今日は夜までスマホをいじらない

という謎のしばりを作って

実行したんだけど

結論から言うとおもしろかった

 

まず散歩をしたときに

時間がわからないこと

意外と外に時計ってないってこと

腕時計していけばよかったけど

忘れてたから本当にわかんなかった

 

あと音楽を聞けないこと

これはいつもの癖というか

違和感というか物足りなさがあって

慣れたけど音楽大事だとおもった

 

それと写真を撮れないこと

昔なんて撮ることできなかったのに

慣れというか習慣ってすごい

撮りたかった、なんてことない道とか

撮りたかった!!!

 

でも、あ、写真撮ろってならない分

いつもよりきちんと周りを見れた気がする

目に焼きつけるみたいなそんな感じで

 

あといちばんそわそわしたのは

約束をしてたんだけど

それが急に変わらないか

遅刻してくるだけとかなら待てばいいけど

連絡つかないと相手も心配だろうから

時計が見えるとこが待ち合わせの所から

すぐだったから、時間をみつつ

過ぎたら一瞬電源入れようとか考えてた

 

ほんとに時間が遅く感じて

なぜかトイレに何度も行ったりした 笑

 

待ち合わせ時間前に友達が来たから

とても安心して、待ち合わせしてる時は

スマホなしやめようって思ったけど

でもこんな感じで待ち合わせ待つの

はじめてだったから

これはこれでよかったしたのしかった

 

昔の人はこうやってたんだよなー

すごい便利になったよなーって

頭ではわかってたし、

なんだかんだ手元にはスマホあるから

いざとなればすぐ電源入れるけどね

 

あとは相手がいたので

特に不便に思うこともなく過ごせたし

時計のありがたさをすごく感じたのと

写真がとれないってことくらいで

 

便利と不便について

いろいろかんがえた1日だった

 

あたりまえにあるものも

別になくなってしまっても

そのうち慣れてしまって

プラスのこともきっと沢山でてくる

ような気がする……笑

 

まあ、スマホは必要だけど。